人見知りにっしーのマインド

人見知りなにっしーが有名になるために、自身の考えをまとめたブログ内容

飲食店バイトをしない方がいい理由

どうも、最近人に興味が湧いてきたにっしーです。

 

前々回は飲食店でバイトをした方がいい理由についてお話ししました。👇

人見知りが飲食店バイトをやったほうがいい理由 - にっしーの絶対就職しないブログ

今回はデメリットについてです!

 

 

飲食店でバイトをしてると店員含め、いろんな人と触れ合う機会があるわけですが、やっぱり人間関係ではどこもいざこざがあるようで、特に自分の働いているところはディナーの時間に忙しくなるとその人の本性が見えてきます。

f:id:yuta0kikiippatu:20181013111914j:image

そこで、僕が感じた飲食店で働かない方がいい理由を2つお話しします。

 

 

・人間関係によるストレス

・馴れ合い

 

 

 

まずは、一番大きなデメリットと言っていい、

 

・人間関係によるストレス

 

 

これはどこで働いていても起きるものかと思いますが、週末ディナータイムには相当なお客さんの数が入ります。

よく言われるのが、忙しくなったり、切羽詰まった状況になると人の本性が出る。

 

これは、本当にそうですね。

イライラがつのるとその人の本性がわかってきます。

 

 

自分もイライラしないようにメンタルコントロールしているんですが、自分だけが気をつけていても誰かがイライラするとそのピリピリ感は伝染します。

 

店員の間でイライラが伝染すると、当然それはお客さんにも伝わるわけで、

“お客さんにいかに快適に食事してもらうか”が大事な飲食店としてはあるまじきことですよね。

 

なのに、イライラしてしまう店員さんもいる。

「何もそこまでイライラしなくていいのに」と思っているのに、自分にもイライラが伝染する。

 

 

伝染してしまう自分も未熟でまだまだコントロール能力が低いなと実感するんですが、それ以上に、

 

「この空気にずっと触れていたらダメになりそう!」

 

👆これは2番目の理由にもつながることなんですが、本当に“類は友を呼ぶ”で、ストレスは他の人のストレスを生むんですよ!

 

 

でも考え方次第では、メンタルコントロールのトレーニングの場になるのでメンタルを鍛えたい方はそういう使い方をしてみても面白いかもしれません。笑

 

 

 

次に、

 

・馴れ合い

 

 

先ほどの

「この空気にずっと触れていたらダメになりそう!」

という考えに通ずることなんですが、相当メンタルが強い人でない限り、同じネガティブな空気を吸っていたらどれだけポジティブでも、多少ネガティブになるものです。

 

 

前に、

www.nissy-20.com

 

でもお話ししましたが、

 

 

あの有名な手塚治虫先生も言っています。

「君たち、漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。
一流の映画をみろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。
そして、それから自分の世界を作れ。」

一流になりたければまず一流の空気に触れることが大事だ、と。

 

 

これってどんなことにも当てはまると思います。

実際自分も、サッカーをやっていたときにそういう体験があって、

高校2年の時に、自分は一番下のカテゴリーにいたんですが、当時読んでいた自己啓発本に、

 

「上にはにあがりたければ上にいる人と同じ空気を吸え!」

 

みたいなこと書いてあって、同学年の上のカテゴリーにいる人と1ヶ月間一緒に行動したら、成績の方もあれよあれよと上がっていき、半年もせずにトップチームまでのし上がることができました。

 

 

前にもこんな記事を書きましたが、

www.nissy-20.com

 

 

サッカー部での経験もあって、現状を変える1つの要因として、

「一流と同じ空気を吸うことって大事だ」と考えています。

 

 

飲食店に勤務したり、就職したりするなら別にそのままでもいいと思うんですけど、自分は絶対就職したくないし、もっと上を目指したいのでその空気から逸脱することを選びます。

 

 

 

だからこそ、はっきりいって、下にいる人たちと関わりたくないわけで、

向上心のある、元気な人たちと今後も関わっていきたいと思っています。

 

 

それこそ、

はあちゅうサロンには向上心もあって行動力もあるすごい人たちばかりなので本当に毎日が楽しいです!!

 

はあちゅうサロンはこちら👇

#はあちゅうサロン - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

 

 

 

あなたも今のこの状況から抜け出したいなら周りの環境を変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!