人見知りにっしーのマインド

人見知りなにっしーが有名になるために、自身の考えをまとめたブログ内容

人生の方向性について

こんにちは!千葉で学生の内向人間にっしーです!

 

今回はある本を読んでもう一度考え直した人生観についてお話しいたします。

 

 その本に関してこちらから👇

20代。絶対に読むべき本 - にっしーの絶対就職しないブログ

 

 

20代は、さまざまな分岐点があり、人生が大きく変わるターニングポイントがたくさんあります。

 

f:id:yuta0kikiippatu:20181002131529j:image

自分自身も散々、「サッカー選手になる!」と、周りに言いふらして来ましたが、来年からすぐに行ってサッカー選手になる意味あるのか?という疑問を抱いています。

 

 

それは単に挫折したとかじゃありません。

 

 

たしかに小さい時からサッカー選手に憧れていましたし、今でもなりたいですが、それよりも“結局なぜなりたいのか?”という根源的なものが最近になってだいぶわかるようになってきたんです。

 


サッカー選手になりたいのも、

 

「有名になっていろんな人に良い影響を与えたい。」


これが大前提だったわけで、

「多くの人が幸せになれる方法、能力を持って欲しい」

 

というのが最近の大きな目標です。

 

 

だからこそ、

有名になる方法は今や選択肢はたくさんあるし、サッカー選手という、一か八かの勝負にかける意味あるかな?と最近思い出してきました。

 


正直、部活でサッカー漬けだったときよりも、部活をやめて毎日本読んで、他のひとに影響を少しでも与えられるように実体験も交えてブログに執筆したり、はあちゅうサロンの皆様と関われている方が断然幸せを感じています。

 


だからこそ、

「来年から海外に行ってサッカーに打ち込むのは本当に幸せなことなのだろうか?」

と思うようになったわけです。

 

 

f:id:yuta0kikiippatu:20181002131422j:image

“安彦考真さん”という40歳でJリーガーになった人をご存知ですか?

このような前例があるからこそ、この2、3年サッカーをやめたからと言って、全力で夢に向かっていけば、なれないこともない思うようになりました。

 

※ただ、トップオブトップを目指すなら別です。早めに行ってがむしゃらに頑張った方が可能性は高いでしょう。

 

 

自分は少々完璧主義的な考えがあるので、サッカーをやりたいって思ったらそれしか見えなくなってしまうのですが、「それだけ!」になってしまうと周りにあるはずの幸せが見えなくなってしまいます。

 

 

まだやめる!とは決めてませんが、今のところは1つの選択肢として、

 

 

来年も日本で、引き続き稼げるように努力して、ある程度余裕を持ってから行こうかな”と考えています。

 

 

だからこそ、こういう考えがひとつ浮かんでいることをご報告させていただきます。

 

 

まだ決定ではありません。

しかし、一つを貫くことを美学としているスポーツ界に別に違うところに行ってもいいんだよ。ということを示すためのロールモデルになろうとは思っています。

 

 

まだ何も実績を出しているわけではないので偉そうなことは言えません。

だからこそ、「今は稼ぐこと、有名になることに集中したい」と思っています。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

何か意見や要望などありましたら、こちらのブログのコメント欄か、ただTwitterに直接メンション飛ばしてご意見ください!

Twitter👇

https://twitter.com/nszk4922