人見知りにっしーのマインド

人見知りなにっしーが有名になるために、自身の考えをまとめたブログ内容

本日の一冊 「銃・病原菌・鉄」

どうも、読書大好きにっしーです。

 

【本日の一冊】
今回は、前にもポルカの時の記事👇

「銃・病原菌・鉄」 - にっしーの絶対就職しないブログ

でお話しした、支援金で購入した

 

「銃・病原菌・鉄」(上巻)

ジャレド・ダイアモンド

f:id:yuta0kikiippatu:20181015212528j:image

です!

 

 

 

これってどんな話なの?ってとこからなんですが、

 


ざっくり言えば、

 


“ヨーロッパ人が世界を征服した直接的な理由ってなんだろう?”

 


って話です。

 

 

 

でも、

「実際そんなん学んで何になるの?」

ってのが素直な意見だと思います。

 

 

 

そこで!

僕がこの本から得た「これ、こうやって使えるんじゃね?」っていう知識は、

 


“弱者の生き残り方”

 


です。

これについては散々お話ししてきましたが、👇

本日の一冊 「最高の戦略教科書 孫子」 - にっしーの絶対就職しないブログ

なぜオフ会に行くべきなのか? - にっしーの絶対就職しないブログ

 

結局、ヨーロッパ人が世界征服できたのも病原菌が1つの要因じゃないの?ってこの話では言っています。

 


つまり、「弱者は強者(病原菌)を取り込むことで生きていけるんじゃない?」って結論に自分は至ったわけです。

 


ランチェスター戦略でも、孫子にもありますが、“やっぱり弱者は強者に乗っかるのが早い!”ってことですね。

 

 

 

 


ここからは具体的な内容に入ります。

 


ここからは見たい人だけが見てください。

 

 

 

今の人間の起源はアフリカ大陸と言われていますが、気がつけばあちこち(オーストラリア大陸ユーラシア大陸南北アメリカ大陸、南アフリカ共和国🇿🇦)に白人がいますよね。

 

 

 

アジアと、アフリカ大陸(南アフリカ共和国🇿🇦を除く)には、白人はほとんどいません。

 


それもなんでなの?

 


ってことが書かれています。

 

 

本を読むときに、


“この知識は何に使えるのか?”

 


この考え方が一番大事だと思ってて、本はいくら読んでも知識は溜まるだけで、行動を起こしていないので実力は高まらない。

 


本を読んで、実践する

 


僕は、この一連の流れがあって初めて読書になると思っています。

 

 

 

読むだけは誰でもできます。

読んだあとその知識をどう実践していくかが大事になってきます。

 

 

 

“自分が考える正しい読書の仕方”

 


という題名の記事を近々あげるので詳しくはそちらを見てみてください!

 

 

 

僕は最近この本のような“歴史”にめっきりハマっているんですが、自分が歴史を学ぶ理由としては、

 

 

 

“歴史からビジネスのヒントが見つけ出せるから”

 


です。

 

 

 

結局、人類の歴史は、長い地球誕生の歴史から見たら米粒ほどしかないんです。

「そんな少しの時間で人の本質が変わるわけないじゃん」

っていうのが進化論的な考え方で、僕もそれに影響されて最近は歴史を知って、そこからビジネスヒントを得ようとしています。

 


考え方次第で、本の使い方は何万通りもできると思うんですよ。

 

 

 

 


だから、ぜひ本を読んだら、得た知識をあなたの使い方で使ってみてください!!

 

 

 

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
 

 



最後まで読んでいただきありがとうございました!!