人見知りにっしーのマインド

人見知りなにっしーが有名になるために、自身の考えをまとめたブログ内容

人見知りが実践している正しい自己開示

どうも、人見知りだけど1対1なら強いにっしーです。

 

 

会話が苦手!!

って言う人はまずは、1対1から慣れていきましょう!!

 

 

その際に、気をつけるのは3点!

 

 

・自己開示をする

・聞き役に徹する

・リアクションをとる

 

 

 

今回は自己開示の方法です。

f:id:yuta0kikiippatu:20181019110118j:image

よく、少人数でも自称会話が苦じゃない人たちは、自分からペラペラ喋ることが多いですが、たしかに自己開示にはなってはいますが、人は皆喋りたい生き物です。

 

何分も1人の話を聞かされると苦でしかないです。

 

自分のことももっと話したい!と思ってくるのが人です。

 

 

そこで、普段自分がしている方法をご紹介します。

 

まず、正しい自己開示は

“自分のことは少なめに、相手に多く喋らす”

ことです。

 

 

これは聞き役に徹するにも通ずるんですが、

最初から相手から聞き出そうとしてもうまくはいきません、人間、警戒心というものが備わっています。

 

なので、いきなりプライベートなことを聞いても話してくれるはずがないですし、より心を閉ざしてしまいます。

 

 

そこで、

まずは自分から自己開示をすることが大切です!

 

 

お見合いパーティーでの研究でも、

また会いたいと思った人たちがしていた共通の行動が、

 

・質問を多くする

・早い段階でプライベートなことまで自己開示できている

 

です。

 

なので、先に自己開示してから聞き役に回り、徐々に相手の深いところまで掘っていくイメージで自己開示していきましょう。

 

 

どんなこと自己開示すればいいかわからないですよね?

 

 

基本的には最初は浅めの自己開示から、徐々に深い自己開示をしていくイメージなんですが、

 

例えば、

  1. 最初は共通点を探すために、趣味や過去にやっていたことなんかを自己開示
  2. そこから人生における考えや、恋愛経験など深いところの自己開示
  3. ネガティブな感情を出させたら勝ち

です。

 

 

できれば、会ったその日のうちにこれらを全てやっておきたいですね。

全部できると、一日で相当深い信頼関係を築けます。

もちろん気になるあの子とのデートにも使えます!

一日でこれだけ接近すれば相当あなたを信頼するので急接近間違いなし!!です!

 

でも、自己開示からの質問もある種、連想ゲームなので会話に慣れてない人はいきなりできるわけもありません。

自分もそうでした。

なので、最初は仲のいい友達でいいので練習相手になってもらいましょう!!

 

 

もう一回言いますが、気をつける点は、

 

“まず簡単に自分のことを話すこと!”

 

きちんと警戒心を解いてから相手に自己開示させてください。

 

 

 まずは自分からを意識して、会話を楽しんでみてください!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!